瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

いろいろいる@オカ研 #モノコン2018 monogatary.com にて連載中!!

 こんばんは。

 

 モノコン2018 のお題

「うちの部員を紹介します」

うちの部員を紹介します|お題詳細 - monogatary.com

 に投稿した短編を紹介いたします。

 

「いろいろいる@オカ研」

monogatary.com

f:id:tamae19:20180828184108p:plain

 

 県立城子(しろこ)高校のオカルト研究部には、おかしな奴等がいるんです!?

 部長は猫又。

 副部長は密教僧。

 そして主人公と同時に入部したクラスメイトは、龍神の血を引く魔剣士だった!?

 

 主人公の大道誠弥(おおみちせいや)は、異様なほど霊感が強いことを覗けば、ごく普通の男子生徒。むしろ、肉体的には虚弱な方。

 そんな彼が、入学式の当日、たまたまクラスメイトの女子の頭に生えている「角」を見てしまったことから、物語は始まる。

 その女子、尾澤千恵理(おざわちえり)は、地元の湖に住む旧い龍神の血を引く龍女(りゅうじょ)。

 そしてその力は、もっぱら神刀を振るい魔を切り裂くことに特化されている。

 

 そんな彼女に誘われ、部活に選んだのが「オカルト研究部」、通称「オカ研」。

 そこには三年生で猫又の黒猫礼司(くろねこれいじ)。

 二年生で真言宗の寺の娘、わりと本格的に修行している熊野御堂紗羅(くまのみどうさら)。

 この二人が待っていた。

 とんとん拍子に入部に話が進められた時、誠弥は告白する。

「だんだんこの学校に近付いてくる、不気味な化け物がいる」

 と。

 

 誠弥がその特徴を話すと、礼司と紗羅から返ってきた答えは

「レギオン」 というもの。

 新約聖書にも名前の見える、由緒正しい(?)悪霊である。

 そんな化け物が学校に到達したら、凄惨なことになる。

 オカ研は、事態を重く見て、調査を開始するのだが?

 

 さて、これは私がその昔、趣味のTRPGでプレイしたサンプルシナリオを思い起こしながら執筆したものです(筋は全然違いますが)。

 学園ホラーもので、ミステリ仕立てのように謎が解けていくところ、割と気持ちよかったのですよね。

 最初それほどミステリっぽくするつもりはなかったのですが、書いていくうちにミステリ色が強くなった作品です。

 学園伝奇ミステリ、最終的には学園伝奇アクションになる予定です。

 あと二~三話ほどで完結する予定ですので、是非お読みになって下さいませ。