瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

音色にねがいを #モノコン2018 monogatary.com に投稿

 こんばんは。

 

 こちらも「モノコン2018」に応募した作品の紹介になります。

お知らせ詳細 - monogatary.com

 

 お題は「ある日突然、音符が女の子になった」

ある日突然、音符が女の子になった|お題詳細 - monogatary.com

 のお題に投稿したものです。

 

音色にねがいを

monogatary.com

f:id:tamae19:20180806182859p:plain

 

 これは、一人称の独白の形をした掌編です。

 

 世界を創造した女神は、神々の争いで破壊されかけた世界を救うため、世界と自身を一体化させて眠りに就く。

 その直前の独白は、もしいつの日にか、世界に再び滅びが迫ることがあったなら、世界を「再調律」するための音楽を、この世界のどこかに残しておくということ。

 石に刻まれた音符(私たちの世界でいうオタマジャクシ型「音符」と違って、天文図に似ています)を、人間の女性の形にしようという決意。

 彼女がどのくらい先に生まれてくるかわからないけど、いつか必要が迫った時には世界を助けてあげてくれ……という創世の女神の願いです。

 

 実は、音楽で世界を救う……というモチーフで思い出していただいた方がおられたかもですが、

「浮遊宝珠聖律伝」

浮遊宝珠聖律伝|物語詳細 - monogatary.com

 の世界観に基づいた、本編の前日譚みたいなお話です。

 

 創世の女神というと、偉大すぎて人格としては想像できないかなと思ったもので、世界を愛し慈しむ存在としての彼女の声を、そのまま書いて、読者様に感情移入してほしいなというコンセプトの作品でした。

 

 ごく短い作品ですが、世界を創った女神という、浪漫の塊の存在を感じ取っていただけましたら。