瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

「ペトリコール」公開中 monogatary.com

 さて、新作紹介をしばらくしていませんでしたね。

 

 一人称の独白が大部分を占める、静謐な感じの作品をご紹介します。

「ペトリコール」

monogatary.com

f:id:tamae19:20180506175659j:plain

 

 お題は「匂いの思い出」です。

匂いの思い出|お題詳細 - monogatary.com

 

 さて、この「ペトリコール」というのは「石のエッセンス」というような意味で、雨の前に地面から立ち上ってくる、あの水に濡れた石のような匂いだそうです。

 

 雨の前の独特の匂い、皆さんはお好きですか。

 私は大好きです。

 心がしんとなって澄んでくる感じで。

 石は水に濡れるとつやが増して美しいものですが、水に濡れたあの匂いも良いものですね。

 匂いの記憶は、最も思い出に残りやすいと何かで読んだことがありますが、ペトリコールのあの匂いは、割と原体験に近いものかも知れません。

 

 しかし、どこかで都会の生まれ育ちの方にはピンと来ないらしいという話を聞いたので、これは田舎住まいの特権的なものでもあるかも知れないですね。

 

 ペトリコールの匂いは、嗅ぐとなんとなく精神が体の中にしっかりと座るような快い落ち着きをくれるんですよね。

 だから、私は雨の日も嫌いではないです。

 石の板みたいな曇り空も、そんなに悪いものではない。

 そんな心の奥にある原風景を思い出しながら執筆した作品です。

 しんとしたあの匂いを、感じていただけたら幸いです。