瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

新連載「守護者な彼女」

 こんばんは。

 

 monogatary.comで不定期新連載「守護者な彼女」が始まりました!!

 お題は『感情ボタン「惚」を押したくなるお話』です。

 

monogatary.com

f:id:tamae19:20180205185411j:plain

 

 さて、今回はヒーローものです。

 

 舞台は現代日本に似ていますが、人間より強力な異種生命体「怪人」「守護者」といったスーパーマンが存在します。

 

 主人公は大人しい普通の少年、佐久川直和(さくがわなおかず)。

 

 長いこと学者の父親との父子家庭で育ちましたが、去年、父親の佐久川憲和(さくがわのりかず)博士が急死。

 身の回りの世話をしてくれるお手伝いさんはいるものの、頼れる係累はいなくなってしまった少年です。

 

 そんな孤独な少年、直和の学校に、三人組の「怪人」が乱入。

 いきなり、「父親から受け継いだ遺産をよこせ!!」と迫ります。

 直和くんには、全く身に覚えがありません。

 確かに大人になるまで十分に食いつなげる財産、住居といったものは受け継ぎましたが、怪人が欲しがるような特別な遺産などありません。

 父親の研究資料などはまだ家にありますが、直和が受け継いだというより、急死した父親の研究が、理解できる人もいないまま、放っておかれているといった状態です。

 怪人たちは「父親が死ぬ前に何か渡されただろう!!」と詰め寄りますが、そんな性質の「遺産」など存在しません。

 

 知らないと正直に話し、父親の急死した傷に塩をすりこんでくるような怪人たちに、だんだん反感を覚える直和少年ですが、しかし、怪人たちは強引です。

「遺産」の在り処を白状させるために、直和を拷問しようとします。

 

 しかし、間一髪。

 助けが入ります。

 まるで天使のような、翼を持つ麗しい少女が、鉄拳で一撃。

「この子に傷一つ付けさせない!!」

 と宣言、いざファイト!!

 

 自分を守ってくれる、強くて美しいスーパーヒーロー彼女、なかなか男性にも女性にも夢だと思うのですが、いかがでしょう?

 

 もし、お気に召しましたら、是非下部の感情ボタン「惚」を!!

 右端の絵文字です!!