瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

新作「魔女の混沌正義」連載開始!!

 こんばんは。

 

 本日より開催される「第三回カクヨムweb小説コンテスト」に向けて、新作を連載開始しました。

 

 その名も「魔女の混沌正義」。

kakuyomu.jp

 

 ええとですね、この作品のウリは、主人公が善人ではないこと。

 外道だってことですね。

 しかし、必ずしも全面的な悪人ではありません。

 法の救いも期待できない状況に置かれた女性たちを救い、彼女らを責め苛む捕食者《プレデター》というべき悪党たち(ストーカーやDV亭主)なんかを、ちょっとした金額で呪殺するというタイプです。

 社会規範はどうでもいいけど、自分の正義は貫く、メガテンとかならライト-カオスに属するタイプの「魔女」ですね。

 

f:id:tamae19:20171201173420p:plain「星の魔女」星上真名《ほしがみまな》。悪人を呪殺する混沌正義の魔女。

 

 無論、呪殺される相手は穏やかに死ぬわけではなく、自分が他人に与えた苦痛の何倍かを返されるような、苦痛に満ちた死を迎えるわけです。

 自転車で走っていて滑って転び、目玉から壊れて尖ったポールに突っ込んでしまい、眼底から脳にまで傷口が達し、そのまま苦しみぬいて死ぬとか、そんな感じデスネ。

 

 ただ、この辺は書いてもタルイだけなので、本編でははしょっています。

 こちらのセルフレイティングはアクションシーンのための「暴力描写あり」だけなので、エログロの心配なくお楽しみいただけます。

 主眼は「魔女」のかっこよさですからね。

 

 さて、この星上真名のもとに、一通のメールが届きます。

 英文のメールですが、差出人は「スディス・ザムイヤ」なる男性。

 そこには「自分は真名の父親であり、ある重要な事柄について真名と話し合いたい」という旨の文言が。

 

 真名が祖母の理世《りよ》に相談すると、理世は怒りだします。

「あの野郎、金輪際あたしらに関わるなって言ったのに!!」

 そして、彼女の口から衝撃の言葉が。

 

「真名の母親の沙絵《さえ》は、スディスに殺された」

 

 さて、ことの真偽は?

 ということで明日から毎日正午に一話ずつ連載します。

 ぜひお楽しみになさってください。

 

 ちなみにスディスも「魔女」の男性版「魔術師」ですが、イラク出身の「宗教的少数派」(意外と中東には存在するが、かなり欧米に亡命している)を装ってアメリカで暮らしている、という設定です。

 ちなみに「星の魔術師」ですね。

 真名の母、沙絵とも、そういうことなら旅先などで出会っておかしくはありませんが……?

 

 さて、真名を狙う「聖戦士教会」なる宗教勢力存在し、舞台は混迷を深めます。

 乞うご期待!!!!