読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」ご紹介

 こんばんは。

 

「大人のためのダーク&エロティック現代伝奇ファンタジー」

 のコピーが付いている新作

「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」

kakuyomu.jp のご紹介です。

 

 主人公は、石長姫命の「化身」である、磐永時輪(いわながときわ)。

 要するに神の分霊(わけみたま)なのですが、この物語世界では、そうした人間は、有害な神魔(しんま)から人間を守る、一種のヒーローとしての役割を期待されます。

 彼女らが主に戦うのは、邪神や悪魔が強引に人間の心身を乗っ取り融合した「業融(ごうゆう)」と呼ばれる実体化した邪悪な神魔が多いです。

 必ずしも業融に限らず、様々な神魔が引き起こす重大事件を解決するのが、彼らの仕事な訳ですが……

 

 さて、主人公の磐永時輪は、実は単なる化身としての顔の他に「神聖娼婦(しんせいしょうふ)」の顔も持っています。

「神聖娼婦」というのが何かと申しますと、シュメールやバビロニア文明に存在した、神殿などに仕える、神聖を帯びた娼婦のことですね。

 バビロニア神話では、主人公ギルガメッシュの親友、野人エンキドゥが、人間性を手に入れるため、神聖娼婦と性交渉を持つという話があります。

 

 ここまで書くとお分かりかと思いますが、この小説は無茶苦茶エロいです。

 要するに、主人公の神聖娼婦が、邪神や悪魔と融合して業融になってしまった存在と、肌を合わせることで浄化するというエロチックな伝奇ストーリーとなっております。

 様々な悪魔邪神とセックスして彼らを手なずけていく女神様の化身。

 ヤバさしかありません。

 流石に運営に警告されるかなと思いましたが、今のところセーフです。

 割と行為の描写はあるのですが、最低限ぼかしてはあるため、セーフと判定されているのかも知れません。

 

 割とハードボイルドだ、という評価をいただいております。

 エロチックハードボイルドですかね。

 大人の女性向けエロスを書いてみたつもりですが、興味を持たれたら年齢性別関係なく是非お読みいただきたいですね。

 

 さて、突然何でこういうものを書こうかと思ったかと申しますと、某大手のブラゲ兼アプリゲーで、石長姫様の扱いに不満がありまして、なら自分で理想の石長姫様を書こう!! と思ったからですね。

 

 この大手というのが、戦艦とか刀とか出してる大手のところで。

 和風伝奇ということで、大々的にプロモーション打っていて、私も期待度高かったのですが、蓋を開けてがっくりですね。

 とにかく、石長姫様の扱いがえげつないんですよ。

 流石にツイッター上で運営をどぎつく罵倒したくらい(笑)

 

 しかし、相手の土俵に上っては不毛ではある。

 なら、相手の土俵を踏み潰す、価値観の上書きをしてやれればいい、と思い至りまして。

 で、自分の価値観に合った石長姫様の小説を書いて発表したのですね。

 こういうやり方を、私は個人的に「価値観で殴る」と言っておりますが、殴り甲斐というか踏み潰し甲斐がありますね。

 価値観を逆転させ、好き勝手するというのは。

 

 まあ、今となっては、例の閑古鳥が鳴いているゲームなんかどうでもいいやってくらいに、この作品を書くのが楽しいですが。

 女性中心の、逆ハーレムものってなかなかないので、その点でも新しい視点を提供できたかも知れません。

 

 ちなみに、主人公の磐永時輪なりきりアカウントなるものも存在しています。