瑪瑙の庭

web物書き、大久保珠恵(おおくぼたまえ)の創作ブログです。主に自作小説のことを書いています。

「『世界は骰子と遊戯盤』番外編」第一話「兄と弟と罪と虹」完結!!

 こんにちは。

 

 異世界ファンタジー「世界は骰子と遊戯盤」第一話「兄と弟と罪と虹」が完結いたしました!!

 この後、第二話、第三話、第四話と続きますが、一旦はこれで区切りです。

 

kakuyomu.jp

 

 さて、今回の主役は、ジーニックの長兄、ケイエスです。

 本編

世界は骰子と遊戯盤(大久保珠恵) - カクヨム

 では、実弟であるジーニックを、その才覚への嫉妬から裏切り、情報局へと売ったケイエスですが、そんな彼の後悔と懺悔が描かれます。

 

 何せ、陥れたはずのジーニックは、隣国ルゼロス王国で公爵という、貴族の最高位に上り詰めるのです。

 おまけに、後ろ盾だった情報長官ミーカルは失脚してしまいます。

 まあ、これでは空しくもなりますね。

 

 そして、極め付けは、ジーニックに慈悲をかけられてしまったこと。

 これでは無視していた良心の痛みを無視できなくなります。

 おまけに、親兄弟からは咎められたり同情されたりで、ますます心が痛むし、屈辱です。

 

 こんな状態のケイエスでしたが、新しく交流が始まった天空の魔法王国メイダルから、屈指の豪商アル・サイエルダリーム家の跡取り娘が来訪します。

 その女性、マルリミヤーナに、ケイエスは胸がときめきます。

 しかし、こんな穢れた自分は彼女に相応しくないと、心を押さえつけます。

 

 彼女が帰国後も、プレゼントされた通信機器を使って彼女と連絡を取り合っていたケイエスですが、思いがけないことが。

 

「お疲れではないのですか? よろしければメイダルに骨休めにいらっしゃいませんか?」

 

 かくして心の痛みを抱えたまま、ケイエスは愛しい人の待つ魔法王国へ。

 そこで彼に起こったある変化とは?

 

 かいつまんであらすじ(導入部)を説明すると、こんな感じですね。

 実は、このお話、テーマ曲を密かに設定していたのですが、これがこちら、「アメージング・グレース」。


アメージング グレース/歌/英語、日本語字幕

 

 キリスト教圏の聖人の逸話で、それまでろくでもないことをしていたのに、何か衝撃的な出来事があって聖人への道を歩み始める方の逸話があります。

 こういう劇的な宗教的心境変化を「回心(かいしん)」と呼ぶのだそうですが、ケイエスはまさにそれに近い経験をします。

 

 彼の懺悔と回心の物語、是非。

 兄弟愛と、理解の物語でもありますね。

 

 さて、ここからは裏事情。

 

 ケイエスを焚きつけてジーニックを裏切るように仕向けたミーカルですが、その後は悲惨です。

 

 情報長官の職を解かれ、監視付きで田舎に追い払われます。

 ほぼ自宅軟禁ですが、そんなある日、家の近くの海で、死骸となって浮かんでいるのが発見されます。

 顔や体の柔らかい部分が魚に食われ、酷いありさまで、本当にミーカル本人かの確認は難航しました。

 しかし、メイダルからやってきた宮廷雇いの魔術師が、魔法を駆使して「過去知」を行い、ミーカル本人に違いないと確認を取ります。

 まあ、実はこうなったのは、元はと言えば、娘レルシェントを辱められて怒る父親、ナルセジャスルールの呪いがあるのですが、これは公になっていない情報ですね。

 

 まあ、このニレッティアの皇室にメイダルから派遣された宮廷魔術師さんのお話も色々考えられそうですが、それはまた別のお話で。

「『世界は骰子と遊戯盤』番外編」連載開始しました!!

 こんにちは。

 

 完結済みの異世界TRPGファンタジー長編「世界は骰子と遊戯盤」

世界は骰子と遊戯盤(大久保珠恵) - カクヨム

 の番外編の連載が始まりました!!

 

「『世界は骰子と遊戯盤』番外編」

kakuyomu.jp

 

 こちらは、連作短編の形式で一話ずつ連載していこうかと思っております。

 

 連載予定は以下の物語。

 

●第一話「兄と弟と罪と虹」

 末弟ジーニックを裏切った長兄ケイエスマイラーの物語。

 ふとしたことで知り合った、メイダルの豪商アル・サイエルダリーム商会の跡取り娘、マルリミヤーナ。

 彼女にメイダルに招かれたケイエスは、自分の罪と向き合えるのか。

 そして、彼の罪を知った時、マルリミヤーナは?

 

●第二話 タイトル未定

 ニレッティア帝国の皇太子ラーファシュルズと、レルシェントの妹、メイダル王国の大司祭家の三女、ドニアリラータの物語。

 ふとしたことでメイダルを訪問したラーファシュルズは、ドニアリラータと共にあるトラブルに巻き込まれ?

 

●第三話 タイトル未定

 ニレッティア帝国女帝アンネリーゼの上級メイドにして親衛隊長、シャイリーンと、メイダルで、その愛ゆえに罪人となった若者エンシェンラーゼンの物語。

 女帝の魔術的ボディガードとして、メイダルより派遣された元犯罪者エンシェンラーゼンは、仕事一筋のシャイリーンに惹かれて果敢にアタックを始め?

 同時に不穏な気配が宮廷に?

 

●第四話 タイトル未定

 ニレッティア女帝の孫娘、ラーファシュルズとドニアリラータの長女、アンネラウラ。

 彼女には、幼い頃から婚約していた許嫁がいた。

 彼は、ルゼロス王国国王オディラギアスと、メイダルの大司祭家出身の巫女姫レルシェントの次男、ローベルセイン。

 突っ張ってるけどアンネラウラには甘いローベルセインと、おてんば娘アンネラウラのちょっとした冒険???

 

 以上、こんな予定となっております。

 一話完結までは毎日連載ですが、短編と短編の間は、不定期に開くかと思われます。

 よろしければお読みいただけると有難いですm(_ _"m)

 

「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」第三話「女神と死神」公開です!!

 こんばんは。

 

 大人のための、ダーク&エロティック現代伝奇ファンタジー

「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」

の連作短編第三話「女神と死神」公開いたしました!!

kakuyomu.jp

 さて、今回は、「宮内庁奉神部聖矛課」の仲間の一人にして、浄化された業融という異色の経歴を持つメンバー・忽滑谷輝和(ぬめりやてるかず)が、どのようにしてこのヒーロー組織の一員になったのかが語られます。

 

 日本有数の資産家の家に生まれた忽滑谷ですが、彼の父親という人が、主に海外の、考古学的価値のあるような骨董品(本来その国や地域の法に照らせば違法なものも含む)を収集するのが趣味、という厄介な人でした。

 実は、その収集した骨董品の中に、中米の古代マヤ文明の遺物が含まれておりました。

 具体的には、邪神とされるチャミアホロムの封じられた石像ですね。

 そんなに大きなものではないのですが、まあ、もちろん魂ですから大きさに関係ありません。

 居間の飾り棚の上に無造作に置かれたそれを、そこの息子である輝和が何気なく側によって観察し……そして、あっという間に心身を乗っ取られてしまいます。

 チャミアホロムと忽滑谷輝和は融合し、「チャミアホロムの業融」へと姿を変えます。

 

 さて、このチャミアホロムという邪神について大まかに説明いたしますね。

 

 マヤ文明には、地下に人間と敵対する悪魔的な存在が暮らす王国があるという考えがありました。

 その地下の王国は「シバルバー」と呼ばれ、現在でもマヤ文明の子孫の方々の間では「悪魔」や「死者」を指す言葉として残っています。

 そのシバルバーには、十二柱の主が存在するとされています。

 シバルバーの言葉の意味としては悪魔ですが、機能的には邪神的な存在ですね。

 作中では、邪神として扱っています。

 もっとダイレクトには、「死神」とでも表現すべき存在かも知れません。

 

 十二柱のシバルバーの主は以下の通り。

フン・カメー=「第一の死」の意。死そのものを司る。シバルバーのまとめ役。

ヴクブ・カメー=「第七の死」の意。フン・カメーと同様、死そのものを司る、シバルバーの首領的存在。

シキリパット=「空飛ぶ手押し車」の意。流血をもたらす役目。

クチュマキック=「たくさん集まった血」の意。シキリパット同様、流血をもたらす。

アハルプー=「膿を作る者」の意。特定の病気をもたらす。

アハルガナー=「水痘の出る病気」の意。アハルプー同様に病気をもたらす。

チャミアバック=「骨で作った杖を持つ者」の意。人間をやせ衰えさせて死なせる、衰弱と死を司る者。

チャミアホロム=「髑髏付いた杖を持つ者」の意。チャミアバック同様に死と衰弱の象徴。また、彼と共に、シバルバーの番兵だともいう。

アハルメス=「ごみを作る者」もしくは「不潔なものを扱う者」の意。人間に急死を与える。

アハルトコブ=「悲惨な目に遭わす者」の意。アハルメス同様に急死をもたらす。

シック=鷹の一種の名称。野外での死を司る者。

パタン=荷物を背中に担ぐために、額からかけるバンドの名称。シックと同様、野外での死を司る者。

 

 彼らに関する資料は、こちらを参照しました。

 

マヤ神話―ポポル・ヴフ (中公文庫BIBLIO)

マヤ神話―ポポル・ヴフ (中公文庫BIBLIO)

 

 

 さて、この中の一柱、チャミアホロムが忽滑谷輝和と融合した訳ですね。

 全くの事故ではあるのですが、彼が選ばれたのには相応の訳があります。

 邪神と共鳴するほどの「闇」を抱えていた訳です。

 具体的にどんな「闇」だったのかは、是非本編の方を。

 

 ええと、邪神や悪魔と融合した人間である「業融」は、コスチュームとかを現代風にしている訳ですが(流石に古代マヤとか古代ユダヤ王国の服装とかさせる訳にはいきませんから)、忽滑谷は、ちょっとパンクバンドっぽい出で立ちをさせています。

 髑髏を模した、顔の下半分を隠すマスクに、骨の装飾の付いた革ジャケットみたいな感じですね。

 これに、頭蓋骨を中心にした人骨を組み合わせて作った、不気味な杖を持っています。

「髑髏の付いた杖を持つ者」チャミアホロムの業融だから、こういう格好ですね。

 割とこの「邪神悪魔現代コスチューム」を考えるの、好きだったりしますね。

 キャラクターを自分の手でカスタマイズしているみたいで。

 

 さて、この業融をどうやって……といいますか、この人、アジトを掴ませず神出鬼没で東京に死と衰弱の神威を撒いていったのですね。

 こういう者を捕まえるには?

 

 実際のところは本編をよろしくです。

 石長姫命の化身の能力、なかなかチートです。

 神話でことさら悪く言われる神は、実は凄い、の法則。

 

 さて、これから彼にはふしだら女神様に入れ込む甘い地獄の日々が待っている??

 以降のお話もよろしくですヾ(*´∀`*)ノ

「世界は骰子と遊戯盤」完結御礼&人気キャラベスト3!!

 こんにちは。

 

 先日、四か月に渡り執筆していた異世界ファンタジー「世界は骰子と遊戯盤」

kakuyomu.jp

 を完結させることができました!!

 これも、ひとえに応援下さった方々のお陰です!!

 ありがとうございます!!m(_ _"m)

 

 さて、四か月にも渡り書いてきますと、色々当初の設定になかったことも出てきます。

 今までになく細かいプロット(四万字、短編小説並み)を用意はしたのですが、実際書き始めると、どんどん当初のプロットからずれる部分が出てくるのですね。

 プロットで決めていなかった部分を決めなければいけなくなったり、特に終盤では、最初のプロットはほぼ役に立たず、基本的なプロットや話の流れから、新しくプロットを組みなおさなければならなくなりました。

 

 しかし、むしろそうなって良かったように思っております。

 熱心に読んで下さる読者様のご声援やご指摘で矛盾に気付き、大幅にプロットを変更したということもありました。

 もし、こちらの読者様のご声援がなければ、物語の根幹をなす部分に矛盾が生じることになり、あのような和やかな終わりは迎えられなかったと思います。

 自分の未熟を恥じると共に、熱心にご声援下さった読者様には心より御礼申し上げますm(_ _"m)

 嗚呼、カクヨムの機能にスペシャルサンクスの方を映画のクレジットみたいに表示できる機能があったらなと思うくらいです……。

 

 さて、ここで、独断と偏見の人気キャラクターベスト3を発表してみたいと思います!!

 

1位 オディラギアス

 こちらは文句ないでしょう。

 メインヒーローです。

 本当ならこちらが主役のレルシェントを完全に食いましたw

 読者様からは「太守様」の愛称で呼ばれ、不遇の中にあっても失われない高潔な人柄、そして高貴な物腰、強さ雄々しさが愛されました。

 白い竜人系種族というビジュアルも、割と受けた理由かと思います。

 彼の属する龍震族は、人間に似た姿に甲冑のような鱗と角を持ち、翼とドラゴン尻尾を持つデコラティブな姿なのですが、これは明確にかっこいいと評価いただけたのかも知れません。

 ある読者様に「実はムッツリなのではないか?」という疑問が投げかけられたのですが、多分本人はムキになって否定すると思いますw

 

2位 アンネリーゼ

 意外や、本来敵役として設定していたニレッティア帝国の女帝アンネリーゼが、2位に食い込みました。

 作者である私自身、面白半分に「ラスボス」などと表現するような位置づけだったのですが、意外にもその豊かな人間性から、熱心なファンになって下さる方もいらしたキャラクターでした。

 確かに、書いていて「人間的だなあ」と思うようなタイプでしたね。

 情け容赦ない策略も使い、隣国ルゼロスの内政に干渉したりもする。

 その一方で、根拠のあやふやな偏見に敢然と立ち向かい、その価値観を逆転させ多くの人間を救うなど、文化英雄的な一面もある。

 また良き家庭人であり、夫との関係は良好で、子供たちとの時間もできる限り取るなど、母としての顔も豊かです。

 その多面性が評価されたのだと思います。

 別な意味で「ラスボス」だったかも知れない人でした。

 

3位 ジーニック

「~でやす!!」「あっし」など、特徴的な江戸っ子商人言葉を使うジーニックが3位に入賞。

 いや、この人は実に書きやすく、有難かったですね。

 この作品は設定が多重的で重くなりがちなのですが、そこを簡易なセリフでまとめてくれるような役割がジーニックにはありました。

 フットワークが軽く、自然に考えを行動に移し、オープンハートで誰とでも親しく話し、気取らない。

 そんな自然な愛嬌がジーニックにはあります。

 比較的マッチョで威圧的なパーティの男子二人と比べると、小柄で童顔で、到底力強くはありませんが、それを補って余りある才気と人間的魅力にあふれた人物です。

 ある読者様に「彼のお陰で『世界骰子』は重くなりすぎないのではないか」というご指摘をいただきましたが、確かに軽やかなムードメイカーでしたね。

 

 

 こんなところですが、いかがでしたでしょうか?

 何かご質問等ございましたら、お気軽にコメントでお願いいたしますm(_ _"m)

「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」ご紹介

 こんばんは。

 

「大人のためのダーク&エロティック現代伝奇ファンタジー」

 のコピーが付いている新作

「とこしえは天地にあり、聖晶は世を抱く」

kakuyomu.jp のご紹介です。

 

 主人公は、石長姫命の「化身」である、磐永時輪(いわながときわ)。

 要するに神の分霊(わけみたま)なのですが、この物語世界では、そうした人間は、有害な神魔(しんま)から人間を守る、一種のヒーローとしての役割を期待されます。

 彼女らが主に戦うのは、邪神や悪魔が強引に人間の心身を乗っ取り融合した「業融(ごうゆう)」と呼ばれる実体化した邪悪な神魔が多いです。

 必ずしも業融に限らず、様々な神魔が引き起こす重大事件を解決するのが、彼らの仕事な訳ですが……

 

 さて、主人公の磐永時輪は、実は単なる化身としての顔の他に「神聖娼婦(しんせいしょうふ)」の顔も持っています。

「神聖娼婦」というのが何かと申しますと、シュメールやバビロニア文明に存在した、神殿などに仕える、神聖を帯びた娼婦のことですね。

 バビロニア神話では、主人公ギルガメッシュの親友、野人エンキドゥが、人間性を手に入れるため、神聖娼婦と性交渉を持つという話があります。

 

 ここまで書くとお分かりかと思いますが、この小説は無茶苦茶エロいです。

 要するに、主人公の神聖娼婦が、邪神や悪魔と融合して業融になってしまった存在と、肌を合わせることで浄化するというエロチックな伝奇ストーリーとなっております。

 様々な悪魔邪神とセックスして彼らを手なずけていく女神様の化身。

 ヤバさしかありません。

 流石に運営に警告されるかなと思いましたが、今のところセーフです。

 割と行為の描写はあるのですが、最低限ぼかしてはあるため、セーフと判定されているのかも知れません。

 

 割とハードボイルドだ、という評価をいただいております。

 エロチックハードボイルドですかね。

 大人の女性向けエロスを書いてみたつもりですが、興味を持たれたら年齢性別関係なく是非お読みいただきたいですね。

 

 さて、突然何でこういうものを書こうかと思ったかと申しますと、某大手のブラゲ兼アプリゲーで、石長姫様の扱いに不満がありまして、なら自分で理想の石長姫様を書こう!! と思ったからですね。

 

 この大手というのが、戦艦とか刀とか出してる大手のところで。

 和風伝奇ということで、大々的にプロモーション打っていて、私も期待度高かったのですが、蓋を開けてがっくりですね。

 とにかく、石長姫様の扱いがえげつないんですよ。

 流石にツイッター上で運営をどぎつく罵倒したくらい(笑)

 

 しかし、相手の土俵に上っては不毛ではある。

 なら、相手の土俵を踏み潰す、価値観の上書きをしてやれればいい、と思い至りまして。

 で、自分の価値観に合った石長姫様の小説を書いて発表したのですね。

 こういうやり方を、私は個人的に「価値観で殴る」と言っておりますが、殴り甲斐というか踏み潰し甲斐がありますね。

 価値観を逆転させ、好き勝手するというのは。

 

 まあ、今となっては、例の閑古鳥が鳴いているゲームなんかどうでもいいやってくらいに、この作品を書くのが楽しいですが。

 女性中心の、逆ハーレムものってなかなかないので、その点でも新しい視点を提供できたかも知れません。

 

 ちなみに、主人公の磐永時輪なりきりアカウントなるものも存在しています。

「世界は骰子と遊戯盤」が「第二回カクヨムweb小説コンテスト」読者選考に残りました

 こんばんは。

 

 さて、拙作の異世界ファンタジー「世界は骰子と遊戯盤」

kakuyomu.jp

 ですが、参加していた「第二回カクヨムweb小説コンテスト」

kakuyomu.jp

 の読者選考を突破いたしました!!

 

 皆さま、応援ありがとうございましたー(∩´∀`)∩

 

 今現在、魔法王国メイダル編が終わりに近付き、色々と真相が明らかになりつつあります。

 

 この後、いよいよ彼らの本来の役割を地上で行うというフェイズにはいりますね。

 それまでに選考結果が発表されてるかな?

新作異世界ファンタジー「世界は骰子と遊戯盤」連載開始!!

 こんばんは。

 

 新作の異世界ファンタジー「世界は骰子(ダイス)と遊戯盤」の連載を開始いたしました!!

kakuyomu.jp

 

 さて、カクヨムの連載では初、そして私個人としても小学生の時以来ン十年ぶりの異世界ファンタジー作品になります!!

 

 さて、物語の舞台は「神々の遊戯場」と呼ばれる異世界。

 モチーフはTRPG

 世界には魔法とモンスターが存在します。

 至高神にして遊戯神ピリエミニエの下に、彼女を補佐する神が六柱存在します。

 星宝神オルストゥーラ。

 世界龍バイドレル。

 世界精霊フサシェリエ。

 獣王神イティリケルリテ。

 創造神ビナトヒラート。

 流転の神アーティニフル。

 これら六柱の神を、「六大神」と呼びます。

 彼らが、「世界を豊かにより良いものにするというゲーム」を行っているのが、この世界です。

 それぞれ六柱の神には、そのゲームの手駒とするため、また自分たちを崇めさせるための、知恵ある種族を創造することが許されていました。

 星宝神オルストゥーラは、魔力と智恵に優れた「霊宝族」を。

 世界龍バイドレルは、戦いの力に秀でた「龍震族」を。

 世界精霊フサシェリエは、自然の諸力を司る「妖精族」を。

 獣王神イティニケルリテは、生命力を司る「獣佳族」を。

 創造神ビナトヒラートは、創造と変容を司る「蛇魅族」を。

 流転の神アーティニフルは、千変万化し続ける「人間族」を。

 それぞれ、手駒として創造したのです。

 この六種族を「神聖六種族」といいます。

 六柱の神々は、至高神にして遊戯神ピリエミリエの指示のもと、それらの種族を地に放ち、世界を豊かにするゲームを始めました。

 こうしてゲームの舞台になる「神々の遊戯場」は豊かになっていきました。

 

 しかし、そのバランスが崩れたのは数千年前。

 魔力と知力でこの世界の覇者となった霊宝族と、それ以外の種族の間に格差が開き、亀裂が入っていきました。

 神々の手駒である神聖六種族の間の亀裂は、すなわち六大神の間の亀裂でもあります。

 神々も、人類も、どんどん仲が険悪になっていきました。

 

 ついに、人間族の者を中心に、五種族が霊宝族に対し反旗を翻し、戦争が始まりました。

 この戦いは、後に「大戦」と呼ばれることになります。

 物語開始の3000年ほど前のことです。

 凄惨な戦いは長く続きました。

 ついに、霊宝族は本拠である魔法大陸ウーズルを失い、敗北。

 浮遊群島メイダルに本拠を移し、地上から去っていきました。

 

 快哉を叫んだ五種族でしたが、しかし、その勝利も束の間でした。

 地上には、人類種族の居住に好適の地に、多く霊宝族の植民都市が築かれていました。その中心となる遺跡には人工知能が搭載され、管理能力が存在したのです。

 そして、遺跡の人工知能は、最後に主である霊宝族から命じられた内容を、彼らが地上から去った後も律儀に実行し続けたのです。

 すなわち、「霊宝族以外の種族を、遺跡や遺跡の周辺に近づけるな」という命令を。

 遺跡には、戦闘機械である「機獣」と、戦闘的魔法生物である「古魔獣」を生み出す機能が搭載されています。

 これは本来、遺跡やその周辺都市の防衛及び治安維持のための機能でしたが、大戦中からその後には、その矛先は霊宝族と敵対した五種族全てに向かいました。

 

 こうして、地上の覇権を握ったと思われていた五種族は、居住好適地から追い払われ、残った数少ない遺跡のない土地を奪い合うようになりました。

 かつては打倒霊宝族の旗印のもとに団結していた彼らも、自分たちの生活のためにかつての味方と醜い争いを繰り返すようになってしまったのです。

 これに加えて、かつて彼らが霊宝族から奪った魔導具の問題が持ち上がりました。

 霊宝族特有の高い魔力と技術を元に作られる魔導具でしたが、それには戦い敗れて逝った霊宝族の恨みと呪いが乗り移りました。

 これを所持して生活を成り立たせていた五種族は、呪いに蝕まれてやむを得ずそれらを廃棄。

 彼らの文明レベルはそのことによって、古代どころか原始時代に近いところまで低下してしまいました。

「神々の遊戯場」は、霊宝族の住む特殊な地域「浮遊群島メイダル」を除いて、また振り出しに戻ってしまったのです。

 

 この時代から3000年の後。

 一人の霊宝族の乙女が、メイダルから地上に向けて、単身降りてきました。

「全知の石板」。

 地上の遺跡のいずれかに置き去られたという伝説のある、全てを見通す力を与えるという神秘の石板。

 司祭の家系に連なる彼女は、神託により、これを探す旅に出たのです。

 彼女が選ばれたのには、司祭家の出以外にも訳がありました。

 それは、彼女が旅の途中で「偶然」出会うことになる、他の種族の英雄たちにしても、同じことでした……

 

 彼らは、六大神に特に選ばれた英雄だったのです。

 彼らに託されたこの世界の運命とは……?

 

 さて、こういう世界観で始まる「世界は骰子と遊戯盤」。

 もし覗いていただけたら幸いです。

 感想や質問等、大歓迎ですよ~(/・ω・)/